至高の1本。MARKAWAREのスラックス「CLASSIC FIT TROUSERS WEST POINT」

markaware2 モノ

 

メンズウエアの王道パンツであるスラックス。

 

気に入った1本を見つけるのは意外と難しく、「これだ!」と思えるものに出会えるまでに何年とかかることもあるのではないでしょうか。

 

 

タイトなものもあればワイドなものもあり、生地が薄いものもあれば厚いものもあり、裾が短いものもあれば長いものもあり。

自分の好みのスラックスに出会えた瞬間は、得も言われぬ高揚感があります。

 

 

つい最近、そんな高揚感が私にも沸き起こったのです。

 

私と同じように、気がつけば私服がジーパンばかりになりがちな方の参考になればという思いも込めて、この記事をお届けしています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MARKAWARE「CLASSIC FIT TROUSERS WESTPOINT」

 

そのスラックスがこちら。

MARKAWAREの「CLASSIC FIT TROUSERS WESTPOINT」です。

 

markaware

 

私の求めていたスラックスの条件は以下の通り。

 

・ワイドなシルエット

・強い素材でガシガシ履ける

・キレイ目すぎず、スニーカーにも合わせやすい

 

 

この条件をすべて満たしてくれたのがこのスラックス。

条件を満たして余りあるその魅力を存分にご紹介します。

 

MARKAWAREというブランド

 

まず、MARKAWAREというブランドについて。

 

MARKAWAREの掲げるコンセプトは「大人のための、洗練されたハイエンドガーメントを提案する」。

 

ブランド名のmarkaはkarma”カルマ(=業)”のアナグラム。

 

 

製品の特長は、洗練されたカジュアルウェア。素材選びから縫製、加工までを日本で行い、国内での洋服づくりにこだわっています。

 

“過度な装飾は避けたシンプルで洗練されたモダンなシルエット”というのが個人的な印象で、スラックスのみならず様々なアイテムが「これさえあれば」を満たしてくれる、そんな商品を展開しているブランドです。

 

特徴・詳細

丈感

キレイ目のスラックスはくるぶし上までの少し短めのレングスのものが多いのです。しかし、このスラックスの裾はそれらよりも長く、ソックスが見えなくなる程度までとられています。

 

あまりショートレングスのパンツが好みではない私のような人間にとって、これは非常にうれしいポイント。

 

革靴やサンダルに合わせることが多いのであれば、短めの丈のスラックスを選ぶこともいいのではないかと思います。しかし、私は基本的にスニーカーを履いて若干のストリート感があるような合わせ方をすることが多く、長めのもののほうがスタイル的にしっくりくるので今回この「CLASSIC FIT TROUSERS」を選択しました。

 

「丈少し短め、キレイ目、サンダルや革靴を合わせることが多いよ。」という方には、同じくMARKAWAREの名作スラックス「PEGTOP」や、JOHN LAWRENCE SULLIVANのスラックスなど、もっとドレスライクなものが大変おススメです。

 

サンダルを履くのであれば、裾をロールアップすればいいと思いますし、状況に合わせて長さを調節できるのもフルレングスのスラックスの良さなのではないかと思います。

 

シルエット

先に述べたようにワイドなシルエットのものを探していたので、幅は「かなり広め」です。

 

ご覧の通り、2タックでワタリが広くとられています。

 

しかし、緩やかにテーパードがかかっていることでストンときれいに落ちるようなすっきりさも兼ね備えており、ワークパンツのような裾の溜まりや野暮ったさはありません。

 

Tシャツにも、Yシャツにもポロシャツにも、様々なスタイルに合わせられるような雰囲気があります。

 

股上に関しては「やや深め」。

 

きつめのテーパードが苦手な方にはもってこいなシルエットなのではと思います。

 

ポケットはスリットタイプ。

こういったところにも、ミニマルなデザインを実現するための配慮を感じます。

 

素材

この「CLASSIC FIT TROUSERS」には、

 

  • ORGANIC WOOL TROPICAL
  • WESTPOINT

 

の2種がラインナップされています。

 

今回私が購入したのは、WESTPOINT。

 

このスラックスの名前にもなっている”ウエストポイント”

ウエストポイントとはアメリカのニューヨーク州ウエストポイントにある陸軍士官学校の制服等に使われていた生地で、肉厚で丈夫な生地がその特徴です。

 

経糸、緯糸にそれぞれ双糸を使い、それらを高密度に編み込むことで強度と独特のハリとコシを実現しています。

 

ガンガン履きこみ、洗うことでますます光沢が生まれ、経年変化を楽しむことができるのもその魅力の一つです。

この上品さを生み出すのに徹底した素材と生地作りへのこだわりを感じます。

 

嬉しいウエストゴム

バックには嬉しいウエストゴム。

 

markaware3

 

ベルトレスで履けるのは個人的にも大変うれしいポイントの1つです。

 

身長176cm、ウエストサイズ31インチの自分でサイズ2(M)がちょうどいいくらい。

スラックスは少しかしこまった印象があるウエアですが、サッと履けてサッと脱ぐことができ、ノンストレスで着用できるのはやはりうれしいものです。

 

カラーバリエーション

通常カラーラインナップは

 

  • KHAKI
  • BROWN
  • BLACK

 

の3種類。そして、特別カラーのOLIVEは全国3店舗限定カラーとなっています。

PARKINGAreaDIVERSEのみでの販売なので、限定モノに目がない、OLIVEが欲しいという方は、ぜひ店頭もしくはオンラインサイトへと訪れてみることをお勧めします。

 

オーソドックスなカラーラインナップで、どのカラーも魅力的。

 

私はOLIVEとBROWNで迷った末、普段はあまり選ばないカラーのBROWNを選択してみました。

普段は黒系の服を着ていることが多いのですがワントーン明るいので、普段と比べて重すぎない印象になり、とても気に入っています。

 

まとめ

 

メンズウエアの王道パンツのスラックス。

かしこまった場面にも、カジュアルにも着用できるこの1本は持ってて損はないのではないでしょうか。

 

ワードローブに1本あると非常に助かるシンプルなデザインは、「迷ったらコレを履いておけば間違いない!というスラックスが欲しい!」という需要を満たしてくれる完璧な1本です。

 

ぜひとも購入を検討してみてはいかがでしょうか。私はこの夏ヘビーユース間違いなしです。

 

以上、至高の1本。MARKAWAREのスラックス「CLASSIC FIT TROUSERS WEST POINT」でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました