旅行に持っていくカメラは「写ルンです」がいい。

utsurundesu_eyecatch モノ
スポンサーリンク

 

海外旅行など長距離の旅行の際、一眼レフカメラを持っていこうかどうか悩むことってありませんか?

 

 

想い出はいいカメラに残したい。でも、ちょっと重かったり。高価なものなのでなくしてしまったり、壊れてしまったりするのもイヤ。

 

 

何かと持ち出すのもおっくうになってしまうこともあるかと思うのです。

 

 

 

そんな時にぜひとも手に取っていただきたいのが、「写ルンです」。

 

 

 

この時代に写ルンですをあえて選んでほしい。

 

あえて選ぶだけのメリットと魅力が写ルンですにはある。そう思う理由を写ルンです愛好家である私が全力でつづっていきます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「写ルンです」とは

 

まず「写ルンです」とは、日本の誇るカメラメーカー富士フイルムが販売するインスタントカメラです。

 

 

樹木希林さんのご出演されていたCMでのフレーズ

 

「美しい人はより美しく。そうでない方は、それなりに。」

 

という心惹かれるコピー。

 

そんなコピーの通りにキレイな風景や人物をよりキレイに残してくれる、インスタントといえど侮ることは決してできない、シンプルで素晴らしいれっきとしたフィルムカメラなのです。

 

 

 

以前、プロカメラマンをしている友人に「スナップを撮りたくてカメラを買おうと思うんだけど、どれがいいかな?」と訊いてみたところ、その友人からこんな言葉が返ってきました。

 

 

たった一言。

 

 

「写ルンです」と。

 

 

私は当時は冗談かと思っていたのですが、いざ自分が一眼レフのカメラ持ちながらも写ルンですを使ってみると、その理由がよくわかります。

スナップの楽しさを教えてくれる

 

自分がいいと思った瞬間にサッと構えて写真を撮る。

 

今やこの役目はスマートフォンやiPhoneが担っていますが、間違いなく数年前までそこには写ルンですの存在がありました。

 

 

一瞬を切り取る楽しさは、こういった手軽なカメラの醍醐味だと思っています。

そんなスナップの楽しさを、iPhoneなどとは違った形で写ルンですは感じさせてくれるのです。

 

 

フィルムカメラなので、当然ながら一発撮りです。

 

シャッターを切りたい瞬間を逃さないように。いい機材を持っていると逆にこれが難しかったりするのです。

 

絞りやシャッタースピード、ISOやピントなど、もろもろの調整をしてやっとシャッターが切れる。

 

ある意味”わずらわしさ”ともとらえられるこれらの操作が一切ありません。

 

 

また、ズームも効かなければ明るさの調節も簡易フラッシュのみ。

写真の腕を上げるのにこれほどいい勉強になるカメラもないのではないでしょうか。

 

おそらくカメラマンの友人が言っていたのはこういうことなのでしょう。

 

フィルムカメラならではの雰囲気

 

私自身、2年程前に海外旅行へ行った際、写ルンですを2個持っていき、そのカメラでフランス、イギリス、ベルギーを写真に収めてきました。

 

それらの写真がこちら。

utsurundesu1

utsurundesu2

utsurundesu3

utsurundesu4

utsurundesu5

utsurundesu6

utsurundesu7

utsurundesu8

utsurundesu9

utsurundesu10

 

個人的に写ルンですの写真の良さは、フィルムカメラならではの「色味」だと思っています。

 

特に、空の色と、くすんだ建物や曇天とビビッドなカラーとのコントラスト。

 

また、暗い中でフラッシュをたいた撮影で、独特な「エモさ」を演出することができます。

 

 

インスタのフィードに写ルンですで撮った写真が並んでいるのを見た友人には、「なんか目を引く雰囲気があるよね」といわれました。

とにかくおしゃれを演出したい。そんな方にはもってこいなのです。

とにかく軽い。圧倒的な軽さ。

 

何はともあれとにかく軽い。本当に軽い。

 

2個持って行ったとしてもレンズを付けた一眼レフほど幅をとりませんし、その重量なんと1個90g。

 

旅先でポケットに忍ばせておくことができるサイズと重量感なのです。

 

 

一眼レフを首や肩からからかけて1日中旅先を回るのは結構ハード。

 

軽いなと思うミラーレス一眼でも 本体のみで大体300g超です。そこにレンズの重さが加わるのでさらに重さがかかってきます。

 

 

それと比べれば100gを切った写ルンですは超魅力的。

1日中動き回っても全く苦になりませんし、それだけで持ち歩く理由にもなり得ます。

 

一眼も持ち歩くけど、追加でフィルムカメラも楽しみたい!という方の要望にも応えてくれるほどの圧倒的な軽さです。

 

盗難のリスク減

 

治安が良くない地域を旅する際、気になるのは防犯対策です。

 

カメラを首から下げている=お金を持っている という等式さえ成り立つほど、彼らにしてみれば格好のターゲット。

 

だからといって高級なカメラを持ち歩くなといっているわけではなく、写ルンですならそれほど気にせず旅に集中できるというメリットがあることをお伝えしたいのです。

 

 

慣れない土地、やはり何が起きるかわからないのでリスクは極限まで減らしたいと思うのが一般的だと思います。

 

場所によってはポケットに手を突っ込まれたり、スリ・置き引きに合うこともざらにあります。

 

 

そんな時でもカメラを楽しみたい、写真を楽しみたいという要望に応えてくれるのも写ルンです。

良くも悪くもインスタント、使い捨てなので気軽に持ち歩きましょう。

 

現像で二度楽しい

 

時代の流れって凄いです。

 

私の子供時代にはまだ写真はフィルムをカメラ屋さんに持っていって現像してもらうのが主流でした。

 

もちろんデジカメの存在もありましたが、今や自宅で、ネットプリントで印刷することができます。

 

 

ましてや現代はSNSの時代。

 

インスタやTwitterなど、ソーシャルネットワークサービスを利用するのに、フィルムカメラは少々不便どころか、データでないとアップロードすることさえかないません。

 

 

しかし、その点の心配は不要です。

 

今や、カメラ屋さんにフィルムを持っていき現像する際に、CD-Rにデータを入れてもらうことが可能です。

 

なので、思い出の写真を印刷物のみならず、データとして保存することができ、さらにはそのデータを様々なサービスにアップロードすることができます。

 

 

これはカメラのキタムラなど、写真を扱うお店に写ルンですを持っていき、データがほしい旨を伝えればOK。

 

 

 

写真を撮るとき、現像で、データで、2度も3度も楽しむことができるのも写ルンですの魅力なのです。

 

まとめ

 

写ルンですの魅力は本当にたくさんあるのです。

 

ここ数年、SNSでもその魅力が再発見された「写ルンです」。

 

本当に便利で、楽しいアイテムです。

 

 

旅行に行くときのみならず、記念や記録として1日1シャッター切って楽しむなど、本当に様々な楽しみ方ができます。

高校生などの学生時代に写ルンですを手に取って、1日1枚記録として取っておけばよかったなーと今になって思ったりもします。

 

 

ぜひとも一度手に取って、その魅力を十分に体感してみてほしいのです。

 

 

 

以上、旅行に持っていくカメラは「写ルンです」がいい。でした。

モノ
スポンサーリンク
Follow_ sawadashi
スポンサーリンク
ヨハク

コメント

タイトルとURLをコピーしました