祐天寺と学芸大学駅の間で開催されている古着のガレージセール「アンダーパス・マーケット」に行ってきた

underpassmarket_eyecatch コト(雑記)

 

今日は、5/26-27の2日間、祐天寺と学芸大学の間に位置するSTREAMER COFFEE COMPANY 五本木店で開催されているガレージセール「アンダーパス・マーケット」に行って来ました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アクセス

 

東横線の高架下、位置的には祐天寺駅と学芸大学のちょうど中間あたりでしょうか。どちらの駅から歩いても10分程度で到着することができる場所なので、中間と言いましてもそれほど心配することはありません。

それはそうと”学芸大学駅”は駅名に”前”ってつかないんですね。大学名がつく駅名といえば最近、東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)の松原団地駅は獨協大学前駅になりました。前って言う割にはちょっと歩きますけどね。

 

そういえばなんですけれども、恥ずかしながら五本木という地名をこの時初めて知りました。

六本木しか知らなかったんですけれど、もしかして一本木から四本木までも存在したりするんでしょうか?n本木(n<7:nは自然数)なのでしょうか?

 

余談が多いですね。さて、そんな冗談はさておき、早速このアンダーパス・マーケットの概要をご説明いたします。

 

 

概要

 

都内に店舗を構える有名な古着店が合同して行うガレージセールで、獨協大学”前”駅と同じ沿線上、最近もっともホットな地、東京都は足立区北千住に店舗を構える「髭」さんや、原宿の「KINSELLA」さんなど、計17店舗が出店しています。凄い。

 

 

良いなーと思う古着屋が複数あったとしてもハシゴして全部行こうと思ったらとんでもない時間がかかってしまいます。しかし、このアンダーパス・マーケットに行けば17店舗を一気に体験することができます。凄い。

 

高架下っていうのもまたイカしてるポイントですよね。高架下でガンガン音楽鳴らして服を漁るっていう体験は心に刺さるものがあります。こういった古着屋同士が合同で開催するセールってなかなか無いですしね。

 

 

アイテムは、3列×20m程度に渡り陳列されており、メンズ:レディース=2:3 程度の割合で置かれていたように思います。壮観。服を掛けすぎてラックが壊れてしまうのではないかと心配になるほどに大量の服が陳列されていました。服好き、古着好きにはたまらない空間だと思います。

 

 

私は男なんですけれども、レディースものを見ていて思ったのですが、やっぱりレディースの服って良いですよね。

メンズはパンツスタイルにほぼほぼ限定されてしまうんですが、レディースはそれに加えて、スカート、ワンピースがありますもんね。いやあ羨ましいです。

まあ、メンズはメンズで楽しいんですけどもね。コーディネートやスタイルの幅という点で行ったらレディースにはかなわないなあとつくづく思います。

 

 

 

アイテムなど

 

さて、夏場なのでやはりメンズはTシャツ、柄シャツ系が多かった印象ですが、The North FaceのGORE-TEXジャケットや、チャンピオンのリバースウィーブが破格の値段で売られていたりもしました。サイズと財布の中身があったら買ってたな…

 

自分が見て回った中では個人的には上記の2点とコリア製のconverseのウェポンのレイカーズカラーが欲しかったのですが、コレもサイズが合わず断念。自分の琴線に触れる掘り出し物を見つけるのも、サイズが合う合わないで一喜一憂するのも、これまたガレージセールの楽しみだと思います。

 

まとめ

 

結局、サイズが合わなかったこともあり、私の財布の中に歴史上の人物がほとんど存在しない(お札が無い)ということもあり、後ろ髪を引かれつつも何も買わずにその場を後にしてしまいましたが、5/27(日)も開催されているのでお近くの方や興味がある方、古着が好きな方は本当にお得だと思うのでぜひ足を運んでみてください。

 

ちなみにほど近くにはkilo shopの国内1号店もありますので、そちらもぜひ。

 

いやー、やっぱり古着は楽しいと思った1日でした。

特にこのようなガレージセールでは宝探しのような醍醐味が味わえると思うので、来年以降も開催されることがありましたら、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

それでは以上、祐天寺と学芸大学駅の間で開催されている古着のガレージセール「アンダーパス・マーケット」に行ってきた。でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました