航空券+ホテル代11万円強で約2週間パリ市内に滞在した方法

travelparis 考える(雑記)

 

町中の木々たちが秋の装いで彩り始めた10月。

そろそろ高校生や大学生は卒業旅行を計画し始めるシーズンではないでしょうか。

 

私も2年ほど前(2016年)に大学4年生でして、まさにこのくらいの時期から卒業旅行に行きたいなーと考え始めていたことを懐かしみながら、

 

 

「そういえば、パリ2週間のホテル代と往復航空券合わせて約11万円って安くね?」

 

 

と思い出し、こうしてその時にどんな方法でその価格を実現したかブログに書きなぐっている次第であります。

 

 

完全にこれは自分が悪いんですけど、どこに行くか、誰と行くかって迷っていたら結局1月になってたんですよね。んで、1人でいこうかなーとも思ったんですけど、折角の卒業旅行なわけだし同じような感じだった仲のいい友人見つけてソッコーで申し込んだのを思い出しました。

 

 

 

行くのはいいにしても、いざ計画するとなると考えなければならないポイントっていくつかありますよね。

 

それによって打つべき対策は異なると思うので、話をわかりやすくするために自分の経験をもとに計画の流れと気をつけるべきことを書いていこうと思います。

 

計画(条件を整理する)

予算

確か予算は、航空券とホテル代で15万程度で見積もり。

ここが1番卒業旅行を計画する上でのハードルになると思います。

 

30万あれば基本的に北米・ヨーロッパだったらどこでも行ける感じだったと思います。

 

大学生はなんせカネがないですから。予算確保と見積もりは計画的に。

 

地域

はじめはアメリカの西海岸に行く予定でした。1週間くらいの計画で。サンフランシスコとかロサンゼルスとかその辺りに行きたいなーとか考えていたんですけどまあ高い。

 

詳しい金額は覚えてないんですけど、こんなにするんだと思ったことを覚えています。

 

ちなみにこれアメリカじゃなくてフランスとかにしたらどうなんだろうと思って調べてみると、アメリカに行くよりもずっと安かったんですよね。大体アメリカ1週間とパリ2週間の航空券+滞在費が同じくらいの金額。

 

折角行くなら長い日数がいいし、じゃあ滞在日数伸ばしてフランス、ロンドン、ベルギーに行こうか、となったのです。15万円の予算だとアメリカには2週間も滞在できませんでした。

 

時期

基本的にまず卒業旅行のシーズンって航空券の値段が高いんですよ。

 

2週間で日本とを往復するヨーロッパ周遊とか計画しようものなら旅行代理店を通して申し込むと30万とかかかるのもザラでして。

 

いやいや、30万を卒業旅行にポンと出せる貴族大学生がどこにおんねん、と思いながら、血眼になって探したことを覚えています。

 

そもそも1月に計画し始めて3月までに海外への長期滞在を計画するのってなかなか大変。

旅行代理店目玉の格安商品は全部売り切れってわけです。

 

 

そして、まず3月中旬以降っていうのは、卒業旅行客をターゲットにしたハイシーズン。

 

価格的にもこれ以降は1月2月よりも1万円近く高く設定されていることが多いです。

 

 

特に1月中旬~2月中旬が安いと思いますが、自分の場合流石に日程的に準備するのが厳しかったので3月頭~中旬になりました。

 

もちろん10月11月に行けるのであれば、気温などの問題からもその時期に行くに越したことはないと思います。

 

12月の年末と1月月の年始は長期休暇期間にかぶるので当然選択肢からは外したほうがよいです。

 

ツアーかフリーか

ここで価格をぐっと抑えることができるかどうかが決まります。

 

そのポイントは「旅行代理店を使わない」こと、つまりフリーで旅行するのです。

 

旅行代理店の商売の仕組みを考えれば当然ですが、自分で手配したほうが圧倒的に安く済みます。

 

それに、ツアーで行動を制限されるよりも、フリーのほうが予定が組みやすい。特にヨーロッパなどで複数国の周遊を考えている場合には、自分で予定を組んだ方が良いと思います。自分たちの場合もパリ⇔ロンドン、ベルギーということをしたのでそれなりに柔軟な計画を立てられることかと。

 

何らかのトラブルが起きた場合には自分自身で対処しなければなりませんが、それも含めて学生旅行の醍醐味だと考えていたので、旅行代理店を利用しないという選択を取りました。実際に初日に成田から飛行機が飛ばず、ホテルに1日つくのが遅れることを伝えるメールを送るという貴重な経験をしました。それと私と友人のパスポートには「出国中止」というレアスタンプが押されました。

 

さて、旅行の予約をするにあたり、私が何を利用したかと言うと

 

旅行予約サイト「Expedia」です。

 

 

このExpediaの航空券+ホテルで割引されているセールにかかっているものの中から、自分たちのいきたい地域と条件に合ったものをさがしたのです。ホテルの口コミも3.8/5段階だったのですが、大変満足でした。

 

私達の場合は往復航空券が約7万。で12泊して11万2661円だったのでホテル1泊約4000円です。元値の半額。ユースホステルならイケると思いますが、シャワー付きツインルームでこの金額を実現するのはなかなか難しいかと…。しかし、今見たところExpediaにはこの価格帯がゴロゴロ転がっていますね。為替の影響などもあるかと思いますが。

 

ちなみにルートはアブダビ経由。利用した航空会社はエティハド航空です。

 

誰と行くか

重視されることは少ないですが、誰と行くのかも重要で。

フットワークの軽い人か。安全面に気を使うか。ホテルのランクを気にするか。女性はいるか。

それによって、

・ホテルのランク

・泊まる地域

は変わってくるので十分考慮すべきです。駅の近くがいいとか、バス停の近くが良いとか、観光施設の近くが良いとか、優先すべきところをしっかりと明確にすることをオススメします。

 

地域

私はパリ17区のクリシー通り沿いから一本入った道沿いのホテルに泊まりましたが、非常に快適で治安的にもそれほど気にはなりませんでした。

 

パリは地域によっては事件に巻き込まれる可能性もあるのでしっかり調べることをオススメします。

中心地に出た帰りにオペラ地区の店が、強盗にでもはいられたのかガラスがバリバリに割られていたのを覚えています。

 

 

あと、スーパーが近いとかなり便利。

スーパーUというかなり安い価格帯のスーパーの近くだったので、毎日オレンジジュースと、そのスーパーの店内にあるパン屋さんでバゲットやクロワッサンを買って、散策しながら街の中心街へと繰り出していました。1個1ユーロくらいです。

 

それとホテルに選択乾燥機がない場合、コインランドリーが近くにあるのも大事です。

部屋干しで対応できると思い、洗濯用具を持っていったのですが、滞在期間中は雨が降ることも多かったのでなかなか室内では洗濯物が乾きませんでした。そんな時にコインランドリーは非常に重宝しました。

 

携帯電話

ホテルや航空券とは少し違った話になりますが、海外滞在中の携帯電話をどうするか、いかにして安く済ませるかという問題も工夫しました。

 

私が取った手段は、SIMフリー端末を持っていって現地で格安SIMを調達し、テザリングでその他の機器に接続するという方法。

 

そこでフランスには「Free」という格安キャリアがあるという情報を現地フランスに滞在している友人からGet。

 

空港到着後ホテルで荷解きをし、すぐさま店舗に足を運び、SIMカードを手に入れました。

 

通話とSMSが無制限。さらに4Gデータ通信が100GB(!!!!!)でなんと1か月19.9ユーロ(!!!!!!!)

SIMカード代10ユーロと合わせても29.99ユーロです。安い。

 

なんと。4000円弱で実質携帯使い放題。

 

ポケットWi-Fiなど敵ではありません。2週間も滞在していたらすぐにデータ通信量の上限に達してしまいますし、通信速度も段違い。安心感も半端じゃない。

 

更に、このFree、フランスだけでなく、イギリス、ベルギーでも使用可能だったので大変便利です。フランスに旅行に行かれる方にはオススメ。

 

まとめ

 

ざーっと気になったところや気をつけたところを書き出してみましたが、こんな感じです。

こうして思い出して書いてみるとまた長い期間海外に滞在したくなってくるな…。

今だったらAirbnbを使ったりしても面白いかも知れないですね。

 

ココの店が美味しいとか、第一日曜日は美術館が無料で入れるよとか、古着屋とか色々な情報もありますが今回は金銭面ということでこんなところで。

 

これから海外に旅行に行かれる方はくれぐれもお気をつけて、そして思い出に残るような楽しい旅行になることを願っております。

 

それでは。

コメント