等々力駅から徒歩5分。都会のオアシス、等々力渓谷を歩く。

todoroki_eyecatch コト(雑記)

 

等々力渓谷。

 

東京都は世田谷区に位置する渓谷であり、閑静な住宅街に忽然と現れる、東京都内唯一の渓谷です。ちなみに等々力は”とうとうりき”ではなく”とどろき”と読みます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アクセス

 

東急大井町線等々力駅(渋谷から電車で約20分)から徒歩100mほど歩いた所にその渓谷は現れます。「いや、こんなところに渓谷なんてあるわけ無いでしょ。だって普通の住宅街じゃないですか。」などとおもいながら駅から少し歩くといきなり渓谷が現れるので、初めて足を運ぶ方はかなり驚かれると思います。

 

言わずもがな、都心から簡単にアクセスすることができる自然豊かな場所のなかでもトップクラスのアクセスの良さです。都心に疲れてちょっと癒やされたいなと思ったときなどに丁度いい近さなので、私も何度か足を運んでいる癒やしスポットです。

 

コース

ゴルフ橋_1

ゴルフ橋2

 

渓谷の入り口であることをアピールするかのように、真っ赤な橋、通称”ゴルフ橋”が現れます。そこからは静かに流れる水の音とともに、全長約1kmの散歩道が続きます。

 

遊歩道沿いを延々と流れる水はとても浅くきれいなので、子供が所々で足を突っ込んでいたりするのを横目に見ながら緑のカーテンを楽しむことができます。この時期の夕方はもう気温も高く暑いことも多いですが、木々に遮られた等々力渓谷は涼しく快適です。おかげさまで代謝の良い私も汗一つかきませんでした。素晴らしい。

 

都会のど真ん中である世田谷区にこれほどまでに緑と水の溢れる場所があるなんて埼玉県民の私は恥ずかしながらこの歳になるまで存じ上げておりませんでした。

 

この場所に訪れている層としてはカップルが多かったという印象でしたが、犬の散歩をしている方も多くいらっしゃいました。地元の方はこんな素敵な場所で愛犬とたわむれることができるんですね、さすが東京都内屈指の人気を誇る世田谷区民と言ったところでしょうか。

 

また、カメラサークルのような集団もいました。確かに写真の練習をするにはもってこいな場所だと思います。光と影、流れる水に深緑、そしてその中に映える真っ赤な橋。

 

等々力渓谷1

等々力渓谷2

等々力渓谷3

 

 

奥の方へ進むと、雪月花という甘味処があり、木々に囲まれた日本らしい建物の中で甘味を楽しむことができるのですが、生憎の定休日であんみつはまたの機会にお預け。あんみつ食べたかった…

 

 

その甘味処、雪月花さんの横にある階段をのぼると、等々力不動尊というお寺が現れます。ここも写真を撮るには非常に素敵な場所です。

座って休憩ができる場所もあるので、少し長い道のりを歩いて、更に階段を上り疲れが溜まっていたらこのお寺の敷地内で風に当たりながら少し休むと良いかもしれません。

 

また、このお寺は階段を登ってたどり着くことからもわかるように、渓谷の上に位置しています。高台のような場所にあり、涼しい風もよく通るため帰り道に引き返す前に景色と時間の流れを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

それにしても夕暮れ時のお寺って神秘的ですよね。タイムスリップとかしそう。

等々力不動尊

 

ちょうど五月大祭の前日だったため、前回来たときとは様子が少し異なり、明かりが点けられていたり、夕暮れも相まって更に神秘的でした。

 

まとめ

 

都心からそう遠くない距離で緑に囲まれたい、水の流れる音を聞きたい、涼しい場所を歩きたいときには等々力渓谷は絶好のスポットになるかと思います。今回は残念でしたが甘いものも食べられますしね。

 

余談ですが、渓谷を歩いているときには日食なつこさんの水流のロックがエンドレスリピートしていました。MVの風景がなんとなく等々力渓谷と似ているからかも。

 

今度来たときは甘いものにリベンジしたい。そう思いつつ等々力渓谷をあとにしました。

 

以上、都会のオアシス、等々力渓谷を歩く。でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました